エアーズロックは、オーストラリアのほぼ中央にあるウルル・カタジュタ国立 公園の荒野に忽然と姿を現します。高さ約348メートル、周囲約9.4キロもある巨大な一 枚岩で圧倒的な迫力です。
その歴史は6億年といわれており、今もなお先住民アボリジニの聖地として崇められ ています。
赤い岩肌は夜明けや夕暮れ時には、七色に変化し、神秘的な姿を見せてくれます。 オレンジがだんだんと濃くなって深紅になり、紫へと変化していく姿は言葉では表現出 来ない程美しいものです。 夜になると頭上に輝きだす満天の星空も見逃せません。
 

グレートバリアリーフとは、オーストラリア北東部に広がる世界最大のサンゴ 礁帯のことです。全長2000kmを超える壮大なサンゴ礁はなんと日本の本州がすっぽりと 入ってしまうほどの大きさです。
1年に平均1.5cmしか育たないサンゴが、1800万年前から歴史を刻んでこのように広 大なサンゴ礁群となりました。
グレートバリアリーフは600近くの島からなり、1500種類もの魚類と200種を超える 鳥類などが生息する生物の宝庫でもあります。
 

オーストラリア最大の都市シドニーには、帆船をイメージしたオペラハウスや ハーバーブリッジなど見どころがたくさんあります。
美しいシルエットで世界的にも有名なオペラハウスは、世界遺産にも登録されてお り、オーストラリアを代表するシンボルになっています。オペラやコンサートなどの鑑 賞だけでなく、館内をガイド付きで回るツアーも人気です。
海に開けた港湾都市シドニーでは、フェリーが市民の足として利用されています。 サーキュラーキーを拠点に、路線バスのように各方面へ運行しているので、タロンガ動 物園やマンリービーチなどへもダイレクトにアクセスでき、観光の強い味方でもありま す。
 

オーストラリア大陸の南に浮かぶ小さな島タスマニアには太古の自然が残り、 面積の約20%の原生林が世界遺産として保護されています。
オーストラリア本土から離れていることで、本土では絶滅してしまった動物・鳥類 ・植物がこの島では数多く生息しています。
さらに、この島はかつては南極大陸の一部でしたが、6500万年前の大陸移動を証明 する南極ブナの固有植物が生育するなど、極めて貴重な自然・文化遺産を持つ原生域で す。
 

歴史的建造物や数多くの庭園に囲まれたメルボルンは、魅力的なスポットに満 ちあふれています。
面積の4分の1が公園で占められているガーデンシティであるとともに、オーストラ リア屈指の芸術の都としても有名です。
一日のうちに四季を味わえるほど、時期によっては寒暖差が大きい季節もあります 。そのためなのか街並みを四季折々の花が彩られ、ガーデンシティーとも呼ばれていま す。
夜になると、美しい夜景を楽しみながら食事が楽しめます。